今と昔の装備の違い

昨日は、夕方からインしても、一門メンバーは、まったくおらず

ソロで人Pをしてるんだが、3000Pためるのにすごい時間がかかります

めんどなって500Pぐらいでやめた><

一度だけ、一気に3000Pをためたことあるのだが

4時間弱かかったな~

夜にインをし、簡単な評定をやってると

一門筆頭が、「瓦、龍造寺野戦2を盾1でやってみるかい?」なんか言い出し

ちょっと不安だったか、2キャラ出して行ってきましたよ

集合場所に集まったのは、筆頭の4キャラとうちの2キャラの6キャラで戦闘!

普通は7キャラの盾2で戦闘なんだが、

陣1~2のボスなので、苦戦してもなんとかなるやろと思いつつ

なんか余裕でクリアしましたよ。

それは、やはり、装備のおかげだな~と・・・


さて、その装備のことなんだが、昔に比べ今は、信長の面白さをつぶしてるような気がしますよ

装備品には、武器には攻撃力、防具などは防御力とあり、

その追加として、付与値というものがあり、

巫女神主が作成できる付与石で、攻撃力、防御力などの数値をあげることができます

昔なら、+20もあれば、すげ~となるが

今は、頭鎧などは+60~75 武器などは+50が当たり前の世界になってきた

そのほか、生命240以上 気合120以上ついてないと、強いダンジョンボスとは

戦闘しづらいみたいですな。

全キャラ 生命付与が全体に必須条件であり

凶変イザナミに行くには、5000以上の生命が絶対条件みたいですな

なんか、防御力関係なく固定術ダメージが3500ぐらいあるみたいですよ・・・・

この記事へのコメント