食料品取引と補給

食料品取引が

あと4600ぐらいでランク10に達成します

主に魚介、チーズ、小麦を買って、ピザを大量生産しております

マラガでは牛を買い、オポルトで塩を買ったら、チーズの作成が可能

しかも、オポルトでワイン、ファロで鶏肉、マラガでニンニクを買えば

鶏ニンニクも出来上がっちゃいます。

とにかく食料品取引をあげたいので、上記以外の食料品は

買って、赤字覚悟でその場で売り返しますよ。

たとえば、オポルトで豚肉はソーセージなどは即売り。

豚肉を加工して売れば儲かるのだが、時間かかりすぎですよ。

あとは、補給について、ちょっと調べてみましたよ

どれぐらいの数を補給をすれば、熟練度1が入るのか検証。

こんなことは、ほとんどの方が知ってると思うが、うちは熟練度なんぞ気にせず

いつも適当に補給しておりました。

まず、補給ランク5の場合

水50個買えば、熟練度1でした。

その半分の25個買えば、熟練度入らず

30個で熟練度1。29個で熟練度0

と、いうことは30個単位で買えば効率よく熟練度が入るってことみたい。

水15、食料15の割合で買ってみても熟練度1

水、食料、資材、弾の種類関係なく、数で決定されるみたい。

水を600個買って、全部破棄をし、また600個買っての繰り返しをし

ランク6まであげてみました。

ランク6では、30個→35個に増えており、

熟練度1=(ランク+1)×5じゃないかと予想してみました。

ちょっとお金のある方は、水で熟練度あげてみては、いかがでしょうか?

たしか、エーゲの商館長がこのやり方で10まであげたとかの噂・・・

ちなみに

取引系の熟練度1=現在ランクの個数

最大加算熟練度値は20まで(ランク×20)個

この記事へのコメント