京おどり(その5 第四景)

第四景 「大文字送火花」

舞台解説

如意ヶ獄の大文字から始まる五山の送り火。
京の大切なお精霊さん送り。舞妓の花やかなお囃子につづいて、
夏姿も愛らしい舞妓の踊りが、大文字などの連峰の山々を背景に、
くりひろげられます。(パンフレットより)

画像


五山の送り火をバックに踊る舞妓の君香ちゃん

ほかに、笛、太、大、小鼓と楽器を演奏する4人若手舞妓さんがいてました。

まだ1年目の舞妓さんらしく、口紅がまだ下唇しかぬれません

写真撮り忘れ・・・

この記事へのコメント

wreck
2006年04月12日 20:12
足跡ぺたりんこ
のり
2006年04月13日 08:06
wreck様
ようお越し、またお越し、岩お越し
宮川町フリーク
2006年07月27日 12:15
この舞妓さん多分ふく奈美さんでなく、昨年お花代NO1の君香ちゃんだと思います。
ちなみに妹さんも君晴さんという昨年7月にお見世だしした、舞妓さんです。
のり
2006年07月29日 06:46
宮川町フリーク様
ご指摘ありがとうございます。
こういう舞妓さんの踊りを見るの初めてな
もので、誰が誰なのかさっぱり・・・
君香ちゃんと君晴ちゃんは姉妹なんですね
覚えておきます!